お役立ち情報 保育園・こども園などの社会福祉法人施設の運営に役立つ情報ブログ

無料セミナーのご招待お役立ち情報を不定期配信

登録はこちら

保育園で活用できる2種類の補助金について、表などを用いてわかりやすく解説していきます。いずれも主に保育園の場合、ICT補助金については「業務のICT化等を行うためのシステム導入」という項目について、IT導入補助金では「通常枠〈A類型〉」で見ていきます。

  • ICT化推進事業補助金(以下、ICT補助金)
  • IT導入補助金

1.実施主体・対象施設

ICT補助金 IT導入補助金
実施主体 都道府県・市区町村(厚生労働省) 一般社団法人サービスデザイン推進協議会(経済産業省)
対象施設 ・保育園
・幼保連携型認定こども園
・保育所型認定こども園
※過去に当該補助金交付を受けていないところ
・社会福祉法人
・学校法人
・医療法人
・株式会社
※ただし常勤従業員数300人以下。要件を満たせば過去に当該補助金交付を受けていても申請可

ICT補助金

保育現場での煩雑な業務をシステム化し負担軽減を促進するための補助金制度で、国と地方行政機関が費用の一部を負担してくれるものです。
都道府県・市町村ごとに実施の有無や時期、内容等はさまざまです。社会福祉法人で複数の施設を運営している場合は、各施設所在地の管轄までお問い合わせいただく必要があります。
毎年、厚生労働省の保育対策関係予算(案)についての概要資料に、詳細が掲載されます。

令和4年度保育関係予算案等の概要の場合 >P7、P25参照

IT導入補助金

中小企業・小規模事業者等が課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、業務効率化をサポートするという全国一律の補助金です。さまざまな業種を対象とした補助金で、対象施設に該当しても実際に補助を受けるには細かい条件が設定されており、申請しても不採用になるケースもあります。

なお、補助金や助成金の併用については細かい条件があります。IT導入補助金の「よくあるご質問(交付申請について)」に記載がありましたので参考になさってください。

\ SERVE は /

IT導入支援事業者(令和3年度)

保育園の運営、システム、補助金申請を総合的に把握。
ぜひ無料ご相談を! ICT補助金もOK。

●引用元サイト・資料

厚生労働省 保育対策関係予算の概要
【PDF】令和4年度保育関係予算案等の概要 P7、P25

2.補助基準額・割合

ICT補助金 IT導入補助金
補助基準額 最大100万円 60万円~300万円
補助割合

全体の3/4(施設負担1/4)
実質補助金額:最大75万円

全体の1/2(施設負担1/2)
実質補助金額:30万~150万円

ICT補助金

補助基準額最大100万円とありますが、東京都の一部では200万円など地域に完全に依存します。ICT補助金は法人ではなく施設ごとに出る補助金ですので、基準額や補助割合は施設ごとの値です。

IT導入補助金

保育業界だけが対象ではなく、ICT補助金よりも採用となる難易度が高い傾向があります。IT導入補助金は施設ではなく法人単位で交付されます。

3.補助金の対象

ICT補助金 IT導入補助金

システム

●保育に関する計画・記録
●保護者との連絡
●子どもの登降園管理等

保育士の業務負担軽減を図るための、保育の周辺業務や補助業務に係るICT等を活用した業務システムの導入費用

「IT導入支援事業者」が事務局に登録し認定を受けたITツール

ハード対象

不可

ICT補助金

システムを動かすにあたって必要なものは対象となるのでパソコンやタブレット、登降園機器(タイムレコーダー、バーコード等)、ネットワーク機器、配線費用等の工事費用にも適用できます。

▼ サーヴの場合は以下のシステムが該当 ▼

IT導入補助金

「IT導入支援事業者」は、申請者とともにITツールの提案・導入や事業計画策定のサポートなど、各種申請等の手続きを支援する事業者で、こちらも登録が必要です。
IT導入支援事業者も補助金対象となるITツールも、以下のページから検索することができます。

▼ サーヴの場合は以下のシステムが該当 ▼

●引用元サイト・資料

厚生労働省 保育対策関係予算の概要
【PDF】令和4年度保育関係予算案等の概要 P7、P25

4.給付までの流れの一例

ICT補助金

ICT補助金は比較的申請しやすい補助金といえます。自治体によって前後はしますが毎年以下のような流れで進められます。申請にあたってはいくつかの書類を準備する必要がありますが、サーヴでは書類の作成についてもご支援しています。

前年度末~夏頃

市区町村 → 保育園 へ意向調査
※事前に意向調査を済ませている市区町村もあり

8月以降

保育園にてシステムの選定
現在業務改善したい課題を解決してくれるシステムを探します。ICT補助金の対応実績が多い事業者がより安心です。

サーヴなら「IT導入補助金」「ICT補助金」を使ったシステム導入実績あり。ICT補助金については650件以上の経験で全国サポートします。

自治体にて実施可否の決定、保育園選定完了
予算との兼ね合いですべての保育園が申請可能になったり、次年度以降に繰り越されたりなどさまざまです。

3月末まで

システムの納品・支払いをし、その後に補助金交付

IT導入補助金

IT導入補助金はいくつかの期間に分かれていて期間ごとに募集しています。以下は期間内での大まかな流れです。IT導入補助金では、まず「IT導入支援事業者」に相談し、一緒に現状での課題の把握、業務生産性向上につながるシステムの選定などを行う必要があります。そのあとの手続きなども支援事業者がサポートしてくれるので共同で準備を進めることになります。

①gBizIDプライムアカウント取得、SECURITY ACTIONの宣言

申請要件を満たすための準備を行います。gBizIDプライムアカウントの取得には約3週間を要します。SECURITY ACTIONは中小企業が情報セキュリティ対策への取り組みを宣言する制度で、一定の条件クリアが必要です。そのほか賃金などの条件をチェックし、事務局へ必要な報告を済ませます。

②交付申請・決定

申請マイページの作成、交付申請の作成・提出を行い、審査を経て交付が決定します。不採用の場合もあります。

③ITツールの契約・納品・支払い

契約~支払いが済んだあと事業実績報告書の作成・提出を行います。その後、補助金が交付されます。

④補助金交付後

事業実施効果報告の作成・申請、ITツールを活用した業務改善に継続的に取り組みます。

\ SERVE は /

IT導入支援事業者(令和3年度)

保育園の運営、システム、補助金申請を総合的に把握。
ぜひ無料ご相談を! ICT補助金もOK。

IT導入補助金とICT補助金の比較、いかがでしたか?
保育園にとって取り組みやすい「ICT補助金」からまずは確認してみるのがよいかと思います。ICT補助金にもいくつかの提出書類などがございますが、サーヴではどちらの補助金についても対応実績がございますので、全国どこでもお気軽にご相談いただければ幸いです。

ICT補助金全般について、より詳細な内容については以下の記事をご参照ください。

「保育園のICT補助金とは?【令和3年度】」の記事はこちら

●引用元サイト・資料

IT導入補助金 申請手続き・フロー

関連記事

私立保育園における収支計算分析表の作成方法
保育園の決算理事会と定時評議員会
社会福祉法人会計の附属明細書と財産目録の作成

大好評無料セミナー情報

詳細はこちら